2011年06月21日

クライミング怪我とその進行。


2週間前の6月5日(日)に、ボストンより西にある岩場、「Crow Hill」の代表ルートの1つ、「Cro-Magnon 5.10」でグランド・フォールしました。
ナチュプロだが、1本目だけがボルトで、ルーフを越えたところにある(写真)。プリクリせず登って、クリップホールドで取るべき体勢がよく分からなかったので、かけずぶら下がって自分から落ちた。(後で1本目だけスタートが同じ隣の5.13を登る人にかけてもらって、RPを惜しくも最後の一手で逃したが関係のない話である。)

IMGP1737_small.JPG

当日は何も感じず、翌日の月曜日は少しだけ左足のかかとがどうかなとふと思う程度で、それから何も異変を感じなかった。
火曜日はボルダー壁も行って、かなり歩いてたが、何もなかった。
1週間後の土曜日と月曜日に、それぞれ10キロ以上革靴で歩いたが、月曜日の夜は妙に左足が痛かった。
火曜日は普通で、あまり歩かなかったし。
水曜日はまたたくさん歩いて、超〜久しぶりにスラックラインもやった!ボルダー壁も行った。

しかし帰ったら、左足がもうかなり痛かった。

それでも、翌日の木曜日、また歩いて、スラックラインをやった。しかしスラックラインから落ちて、左足のかかとが地面に当たった。
痛くなって、その日もその次の日も、かかとを地面に当てて歩くことがなかった。

医師の考えでは、大した骨折はなかろうが、炎症があるだろうので、このしばらくは足を使わないように。そうしないと長期化して治るのに相当時間がかかると。痛くなくても。実際に今、痛くないし。痛かったら、さぞ使いたくないだろうが、痛くないのに天気がいいのに休みが取れるのにクライミング(ボルダー壁でさえ)に行けないなんて辛すぎる。

教訓は何だろう。最初痛くなったときに冷静に判断して、特に長歩き・スラックラインといったかかと、足の裏に特に負荷をかける運動を控えておけば、炎症は悪化せず、クライミングくらいに支障を出さずに済んで、もう今ころは治ってるかもしれない。だが自分は「足が痛いくらいでやめるもんか、かまうもんか」という意識があまりにも強かったから、事態が悪くなった。

クライマーであれば、似たようなことがそのうち出てくるかもしれないので、ここに書いてみた。

heiki
posted by sangakubu at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2011年03月04日

フリーのできない、この寂しさ

3月になった。

ボストンの冬は、雪が積もっている。そして長い。前回フリーに行ったのは、10月30日。つまり、丸4ヶ月はフリーに行っていない。

城ヶ崎、城山は夢の様だ。そのありがたさが痛いほど分かった。

春、来い。

heiki
posted by sangakubu at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2011年01月05日

オーロラ


読者のみさなん、あけましておめでとうございます!

今年は太陽が活発だ。山での紫外線に注意しよう(実効果は微妙だが)。
その足掛け、去る12月30日、綺麗なオーロラが出たので写真をアップします。クリックで拡大。

_MG_2880.1080p.jpg

Canon Kiss Digital X, 10-22mm @ 21mm, ISO400, f/5.6, 60秒

--heiki
posted by sangakubu at 02:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記

2010年12月16日

スイス

IMGP0738.small.jpg

スイスに到着。テンションがめちゃくちゃ高い。

友達のステファンが空港に向かえ来てくれて、とりあえず電車の中でビールを飲む。
ベルンに着き、チーズを食べまくる。時差で眠いが、無理やり近所のクライミングジムまで連れていかれる。ジムはSCCより3倍くらい大きいのでびっくりする。山があるから、ジム要らないんじゃないか〜
打ち上げにブーツ形のグラスから凝った形式に従ってビールを飲む。スイスには数日しかいなくて、しかもこれから2日間吹雪くらしい・・ まぁちょっとアイスクライミングでもできたらいいかも。

IMGP0731.small.jpg

IMGP0733.small.jpg

--heiki
posted by sangakubu at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2010年12月05日

磁気偏角。

地図を見たら、こっちの磁気偏角(コンパスがずれている角度)が16度もあると分かった。
恐ろしい。日本もフィンランドも、せいぜい6〜7度なので、普通に歩いていれば「ちょっと直す」という意識で十分。読んでいる人の誤差と考えれば大したものではない。しかしこれから16度に熟れないといけない。コンパス読みが遅くなりそうだ。。

--heiki
posted by sangakubu at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2010年11月29日

雪崩いろいろ。

ボストンに来て、今年雪が積もったらバックカントリー・スキーもする予定だ。
スキーだとクライミングでは行かないような、木のない雪の積もった斜面に行くことになるだろう。それに、気候条件が日本と違う。なので雪崩のリスクが高まるばかりか、前にもっていた知識・経験が通用しないかもしれない。そのため、最近は北米の雪崩について勉強し、雪崩に詳しい地元の人と話をしている。

そこで自分のいくつかの短所に気づいた。長くなるので詳しい内容はともかくだが、俺の考えが変わったところのうち、山岳部にとって有益であろうところについてここで少し書きたい。完全なる正論が存在しないので自由にコメントして下さい。

まず傾斜の意識。雪崩が発生する傾斜は一般的に30度から50度位だと知識として知っていたが、知らなかったのは、湿度が低いと50度程度の傾斜ではほとんど雪崩がないに対して、湿度の高い気候では雪が斜面にくっつきやすくなり60度程度でもでかい雪崩が生じる。さてと雪の斜面を登るとき、または上から見るとき、その傾斜は何度なのか言えるかどうか。俺は言えない。雪崩そうな傾斜かどうかは直感的に分かっている(つもり)だが、確かではない。今冬、傾斜計付コンパスを持って練習する予定だ。

弱いポイント。ほとんど雪しかない斜面に、寂しそうな岩が出ていると、その岩の下付近が弱いことが多い(=そこを踏むと雪崩やすい)。常識だけで考えると、岩が雪を抑える支点だと考えていたので、これを知らなかった。しかしこのタイプの弱層の発生現象が複雑で、湿度の高い気候(日本?)では逆の可能性もある。とにかく、リッジライン(まわりより高いところ)なら行ってもいい、下山のルンゼ、北向きの斜面なら避けたほうがいい、と言ったところだろうか。

弱層テスト。前は雪の柱を作って、それを上から叩くテストを参考にしていたが、これは雪崩の発生条件の一つ・雪の強度・しか計らないらしい。しかし強度は、雪崩が発生するのに必要なインパクト(丁寧に歩くとジャンプとの違いを表す尺度)しか意味しない。人が雪を踏んで一ヶ所の弱層を潰しても、雪崩になるためにはその一ヶ所の周りも連鎖的に潰れていかないといけない。このため、別のテスト("Extended Column Test" - ECT)がある:
奥行き30cm、幅90-100cm、深さ120cmのブロック(つまり普通の柱の幅3倍のやつ)を作る。これの片側に、柱テストと同じように上にスコップをおく。そしてそれを叩く。叩いて、雪が潰れた時、弱層沿いにクラックができれば、テストしたポイントが雪崩やすい。
http://www.youtube.com/watch?v=rwXW7NIzlBo
しかし、上記のECTは科学論文が少ない。ECTではなく、以下の少しもっとめんどい"Prototype Propagation Saw Test"がある。こちらのほうが発表されている科学論文(根拠)が多い:
まず四角い柱の強度テストでもっとも危なさそうな弱層を探す。つぎに、奥行き90-100cm、幅30cm、深さは弱層の下まで(つまりECTと同じ大きさだが90度回転)のブロックを作って、弱層を弱層沿いにスノーソーの刃じゃない側で切り始める。ブロックの半分未満で潰れたら、テストしたポイントが雪崩やすい。
http://www.youtube.com/watch?v=9hZEWscONG4
(これのコメンタリーでは、弱層は深いから雪崩が人間によってかなり発生させにくいが、もし発生したら、連鎖反応が強いため大きな雪崩になりやすい)

装備。今まではスキーをやっていたらビーコン必要、クライミング・縦走だけなら不要、と考えていた。そして今も、日本の状況では多くの場合、必要ではないと考える。なぜかというと、雪崩が発生しないルート選択がほとんどできるからだ。または、雪崩る斜面があるルートでも、天気の雪への影響を正しく判断できれば、危険な状態が大体避けられる。そしてヤバそうな時は、リーダーにロープ等紐をつけて、もし流されたらそれを頼りに探す。また、「ビーコンを持っているから大丈夫」と甘く考えて、もっとリスクを犯す可能性もある。にしても、例えば今年の三月の山行の二つ(前穂高と鹿島槍)で、実際に雪崩の危険があったと思ったし、今もそう思う。そしてどちらも、進もうにも戻ろうにも危険があった。こういうとき、選択が強いられると若干のリスクがどうしても出てくる。我々はどちらの賭けも勝ったが、可能性が低いにしても雪崩る場合に備えるのに越したことはない。そこで、必要ではないと書いたが、少なくてもフル装備のときは、200グラムのビーコンはそこまで重くないので持っていくべきかと考える。ビーコンを所有していれば、という話だが。そして2週間に一回以上練習しないとあまり意味がないらしい。ほかの装備ではAvalungという、埋もれた人の息が吸える時間を延長する装置もあるが、登山にはちょっとかさばって重いんじゃないかと思う。でも本当に流されたら命拾いかも。1パーティーに1個、どうしようもない時はトップに着せて、流されたら雪崩の跡を降りてビーコンで探す?

ではでは。雪崩について勉強しましょう。なかなか面白い。
--heiki
posted by sangakubu at 15:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記

2010年05月12日

計画書について

今回の鹿島槍東尾根の報告を読んだら、たまに話題になるトピックが浮かび上がっていました。
警察への計画書提出について、バリエーションルートは年中、一般道も冬季は登山口のポストに計画書を出してもあまり意味がない。年末年始とGWの入山者が多い期以外は、ほとんど取りにきてこないからである。
山に向かっているとき、警察署か交番に寄る手もあるが、メールか郵送するのが確実なので積極的に使おう。(ホームページにある各警察署の連絡先がちょっと古くなっているので部員に新リストを送った:確認してください。)

最近、考え方が緩くなったが自分があまりいい見本を見せなかったのも原因だと痛感している。出発直前の計画変更が多かったり、提出ポストのなさ・無意味さが現実だったり、連絡係さえしっかりしていて万一の時FAXしてくれればいいと思ったり、こう言った要素があいまってあまり必要性を感じなかった。

しかし、その肝心な連絡係に何かあったら、どうなるだろう?と思うと、自分の考えのあまさが見えて来る。顧問教員には出したものの、連絡係から非常の連絡がなければ、考えるまでのことでもない。そういった場合に備えて、やはり警察にも1通を送っておいたほうが無難だろう。

最近、計画書を部員全員のパソコンアドレスに回すのを試し始めたが、得に長い合宿のときに連絡係以外に予備連絡係があったほうがいいか、またはネット上で入山・下山システムを作るか、現状のままでいいか、現役でいろいろと議論したらどうですか。

--heiki
posted by sangakubu at 10:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記

2010年04月27日

最近、活動してないのか?

いいえそれは、気のせいだ。
3月は4〜5回も合宿、山行を行って、4月は新入生に向けての部活紹介活動をやっていたので、あまりHP・ブログを更新していない。

大体、以下の通りだったので、そのうち報告も出てくる(はず)

アルパイン(八ヶ岳)
アイス(戸台川+赤岳鉱泉)
文登研(富山)
前穂北尾根(敗退)
塩見岳
鹿島槍東尾根


--heiki

追加(2010年5月12日):3月の報告がホームページにアップ!
posted by sangakubu at 15:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記

2009年12月30日

山の食料科学:褐色脂肪

バターなど脂肪類は、冬期長期滞在に効率がよく、体が暖まるいい食料だ、という結論が。。

最新の研究、例えばここここでは、
「brown adipose tissue」=「brown fat」、日本語で「褐色脂肪」が大人の人間にも存在し、その量が寒さによって増えるんじゃないかという結果が出ている。

褐色脂肪は一般的に乳児・幼児の体内に大量に存在し、高脂率な母乳の脂肪を熱量に直変換できる脂肪組織である。幼い哺乳類の体温を保つのに不可欠な機関であることは言うまでもない。

現在使われている医学の教科書にも、大人のヒトには褐色脂肪がないと書いてあるが、普通の人間にも喉あたりには少量にあり、しかも寒い環境に生活する人間には比較的に多い、ということが最近の研究で少しずつ分かりつつある。

つまり、冬山など寒い環境で滞在すると、自然的な細胞分裂によって褐色脂肪が増え、あぶらをとれば体温が保てる、ということになる。

いつあぶらをとるべきかについて、科学的な結果が出ていない。もちろん、炭水化物をなしにして脂肪だけで行く訳にはいけない。特に糖類が脂肪類よりずっと早く変換できるからだ。

しかし直感的には、朝ごはん、レーションに今より多めに入れるべきじゃないかと考える。後者はナッツ類、チーズを追加する;だが朝飯にピーナッツバター、マヨネーズはピンと来ない・・美味しいレシピ−を持っている人、いないかね?

posted by sangakubu at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2009年11月24日

クライミング@Gunks 11月22日

アメリカに来てから1ヶ月・・

そしてまったくクライミングしていなかった自分が情けなくなり、土曜日にMIT山岳部(正確にアウトドア部)に短期入部し、早速日曜日にShawangunkに行ってきた。

一緒に登った人が初心者だったし、怪しい借り物NP(小さめのフレンズ1セット、ナッツ1セット)で今回はLimelight 5.7(5.8) OS, Trusty Rifle 1P 5.9(5.10b) TR, Sixish 1P 5.4+(5.7) OSの会計でした。

印象として、エリアの花崗岩の質はすばらしい。ヨセミテのスムーズなフェースより、角・棚が多い感じ。あちらこちら小さいクラック(横クラックも多い)があって、NPはこれらで取る。日本のルートと比べると、かなりランナウトするけど、ルートのポイントになるハング越えのところはハングの下に横クラックがあってプロテクションが取れる。なかなか面白い。

日本から、これらだけ目指していくべきかというと、そうでもないと思うけど、アメリカの東海岸を廻る場合はいくべきだろう。一週間くらいは軽くいられる。

ただし、キャンピングはただだが、クライミングするには一日15ドルのデイパスが必要(長期だとちょっと安くなる)。そして週末はニューヨーク等からのクライマーで混んでいる。

また行ってみたい。High Exposureとかが面白そう
http://www.climbing.com/exclusive/classicclimbs/highexposure/

--heiki
posted by sangakubu at 13:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記

2009年07月13日

ロープワーク練習(浜松)

メンバー;青木、浅田、原、山口、室伏

先週の土曜日に、大学の近くの公園で、ロープワークの練習をした。

集合時間に遅れてきた人には、遅れた分数だけ腕立てをしてもらった。ちなみに僕は2回、タッキーは5回くらい、室伏は17回。

その後、公園の斜面を使って2ピッチのスタカットクライミングの練習をした。この公園は、高さ20m・50度くらいのスラブ壁となっていて、まさに練習にもってこいだ。

先ず、片手でグローブヒッチを作る練習をして、僕と室伏で登って懸垂まで説明。そこで原君がOB青木さんの結婚式2次会の準備のため、いったん裾野の自宅に(!)帰り、その後、タッキー、やーさんペアで登ってもらった。タッキーは、アルパインの経験はないので、いい練習になったと思う。

午後1時に解散して、夜からは2次会に参加した。忙しかったー。

あの後、みんな何時まで飲んでたのだろうか?
なにはともあれ、青木さん、ご結婚おめでとうございます。

【青木賢崇】

blog-aoki003.jpg

blog-aoki002.jpg

blog-aoki001.jpg
posted by sangakubu at 21:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記