2012年05月31日

丹沢・水無川流域 戸沢右俣

5月26日、27日に丹沢の水無川流域に行ってきました。予定では初日に懸垂岩でトレーニングをし、2日目に新茅ノ沢を登る予定でしたが、初日はトレーニング後に戸沢右俣に行き、訳あって2日目は烏尾山〜塔ノ岳まで縦走しました。
まず1日目を報告します。

メンバー:峯尾、西村、小林、山下(大)
行程:静岡発(6:00)‐戸沢出合い駐車場着(8:30)駐車場発(未明)−新茅橋着(未明)−懸垂岩着、トレーニング(9:30〜)懸垂岩発(未明)‐戸沢出合い駐車場着(未明)駐車場発(13:30)‐戸沢に入渓(未明)‐戸沢右俣に入渓(未明)−仲尾根上着(17:40)、下山開始(17:50)‐戸沢出合い駐車場着(未明)、幕営

二周連続で水無川にやって来た。岩登りのトレーニングをするために懸垂岩に向かった。

IMGP0328_R.JPG
懸垂岩

懸垂岩は人でごったがえして利用できそうもなかったので、岩から少し離れたところでロープワークの練習をしながら、懸垂岩から人がいなくなるのを待った。しかし、お昼を過ぎても人がまったく減らないので、急遽予定を変更して沢に行くことにした。駐車場に戻り、話し合って、戸沢の右俣に行くことにした。戸沢に向けて出発した。

IMGP0329_R.JPG
戸沢に向けて出発

戸沢に入渓して、少し進むと大きな堰堤が連続して現れたので右岸から迂回した。堰堤を超えると、ゴーロとなる。ゴーロがしばらく続くが、途中で水量が減り、まるでガレ場のようになる。

IMGP0332_R.JPG
水量の少ないゴーロ

ゴーロをしばらく進むと二俣が現れる。ここは右俣に行く。さらに進むと落差10メートル弱の滝が現れる。この滝は左岸のルンゼから巻けそうだが、西村のリード練習を兼ねて直登を試みる。

IMGP0337_R.JPG
落差10メートル弱の滝
IMGP0339_R.JPG
滝をリードする西村

しかし、登攀中西村が突然フォールし、途中で打ったハーケンも抜けて地面に落ち、西村は戦意喪失。さらに、西村がフォールした際に西村と僕が接触し、僕の左腕が打撲してしまった。幸いにも西村は無傷だった。
直登はあきらめて左岸のルンゼを登る。ルンゼを登り切り、懸垂下降で沢床に降り立つ。

IMGP0342_R.JPG
左岸のルンゼ

さらに進むと、チョックストーンのある滝が現れる。ここは右壁から越える。

IMGP0347_R.JPG
チョックストーン滝

滝を超えたところで空が暗くなり始めたので、ここから仲尾根を登り登山道を目指す。途中で藪こぎをしたが、問題無く仲尾根の登山道に着いた。

IMGP0350_R.JPG
藪こぎ、登山道を目指す

IMGP0351_R.JPG
登山道着

戸沢出合いに向けて、仲尾根を下った。

IMGP0357_R.JPG
仲尾根を下る

西村が滝の登攀中に突然フォールしたのは、おそらく岩が剝がれたからだろう。滝表面の岩は安定しているようにはけっして見えなかったしありえることだと思う。
ところで、西村がトライしたのは水流の右だったが、水流の左も、右よりは少し難しいが登れそうに見えたし、岩も安定していそうだった。今回のようにラインが複数とれる場合はより安定していそうな所を登った方がリスクが少ないだろう。
また、西村がフォールした際にハーケンが抜けた理由についても気になる。

2日目(烏尾山〜塔ノ岳)に続く。
−峯尾
posted by sangakubu at 01:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 沢登り

2012年05月22日

水無川流域・セドの沢左俣

期間:5/20
メンバー:CL峯尾、SL田中、小林、滝川、手塚、西村、佐々木(OG)
行程:
駐車場発(8:40)-水無川本谷F1着(10:00)-セドの沢に入渓(11:00)-セドの沢左俣出合い着(11:10)-F5着(12:00)-木の又小屋尾根上(未明)-木の又小屋着(未明)-小屋発(17:30)-駐車場着(18:40)-静岡着(未明)

水無川流域、2日目の報告。この日はセドの沢左俣を遡行した。

IMGP0200_R.JPG
佐々木さんと合流して駐車場を出発。

IMGP0210_R.JPG
水無川本谷F1。左壁を登る。
IMGP0213_R_R.JPG
F1をフォローする手塚。

F1を超えるとセドの沢の出合いが現れる。セドの沢に入り、さらに左俣に行く。

IMGP0256_R.JPG
左俣の小滝を登る田中。

IMGP0280_R.JPG
F5全景。奥の滝は水流の右を登った。
IMGP0294_R_R.JPG
F5をフォローする滝川。

トポではこの後に出てくる二俣を右に行くように書かれているが、我らは左に行った。

IMGP0312_R_R.JPG
F5の後に出てくる二俣。右奥に見える滝はF7だと思われる。
滝を超えるのがめんどくさかったのでここは左に行った。

先に進むと高さ7〜8mの滝が現れたが、滝表面の岩が脆かったので、右岸から巻いた。
巻き道の岩も脆くて怖い思いをした。

IMGP0316_R_R.JPG
巻き

気づいたら時間が無くなってきていたので、沢はまだ続いているが、滝落ち口から木の又小屋南の尾根に登ることにした。

IMGP0320_R.JPG
尾根に登る。

IMGP0325_R.JPG
木の又小屋に到着。ここから新大日経由で戸沢出合いに下った。

IMGP0327_R.JPG
駐車場に到着。

遡行中はトポを見なかったので、最後は本流から外れてしまったが、滝が多くて楽しい沢だった。しかし、時間を忘れて遡行していて、結果的に最終下山時刻までに連絡係に連絡することが出来なかった。その点は反省している。
また今回の遡行では、滝を登る際には残置物を使わないようにしたが、ビレイアンカーだけは既存の物を使わせてもらった。次の沢ではビレイアンカーも含めて残置物に頼らずに登りたい。
-峯尾
posted by sangakubu at 01:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 沢登り

2012年05月21日

丹沢水無川流域(モミソ沢)

期間:5/19
メンバー:CL峯尾、SL田中、小林、滝川、手塚、西村
行程:
静岡発(5:30)-戸沢出合駐車場着(8:30)-駐車場発(9:00)-モミソ沢出合の懸垂岩着(未明)-懸垂岩で訓練(〜11:00)-モミソ沢に入渓(11:30)-F4着(13:30)-大倉尾根着(15:50)-駐車場着(17:20)

5/19〜5/20で丹沢・水無川流域に行ってきました。1日目の報告。

IMGP0159_R.JPG
駐車場を出発

IMGP0164_R.JPG
懸垂岩。この付近で訓練をした

IMGP0165_R.JPG
モミソ沢出合い

IMGP0170_R.JPG
入渓して間もなく

IMGP0185_R.JPG
F4

IMGP0188_R.JPG
沢の上部

IMGP0190_R.JPG
大倉尾根着、ここから塔の岳方面に向かう

IMGP0192_R.JPG
1128mの分岐。ここから戸沢出合いに下る

IMGP0193_R.JPG
駐車場着

IMGP0194_R.JPG
夜は焚き火を囲んだ

2日目(セドの沢左俣)につづく。
-峯尾
posted by sangakubu at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 沢登り